【脱獄】iOSでMinecraftのローカルサーバーを立てる方法

Game
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Minecraft Javaローカルサーバー

今回紹介する方法ではローカルサーバーである、同じWiFi内であれば複数人とMinecraftをプレイできるサーバーの立て方を紹介していきます。
通常PCなどでJava環境を構築して行うものですが、今回はiOSと脱獄を用いて、iPhoneにJava環境を構築して、iPhoneでサーバーを立てていきます。

今回の方法では統合版(Bedrock)のサーバーではなく、Java版のサーバーになります。
iPadOSでも同様に利用可能です。

できるようになること

家族、友達みんなで、Minecraft(Java)をプレイできるようになります。

脱獄

リポジトリ追加

以下のボタンから3つのリポジトリを追加してください。

インストール

パッケージマネージャーであるSileo, Zebra, CydiaなどからJava環境「openjdk-16-jre」、ファイルマネージャー「Filza File Manager」、ターミナル「NewTerm 2」をインストールしてください。



パスを通す

javaコマンドを使えるようにパスというものを通す必要があります。(しなくていもできますが、今後簡単に使えるようにするためにパスを通します)

Z Shell(zsh)は~/.zshrcでパスの管理が可能

Filza File Mangerを開いて、「/var/mobile」の「.zshrc」という名前のファイルをテキストエディタで開きます。(なければ作成します)
ファイル内に、以下のようにjavaがインストールされているパスを記述します。

export PATH=/usr/lib/jvm/java-16-openjdk/bin:$PATH

jarファイルのダウンロード

  • Minecraft公式解説で、載っているjarファイルをSafariでダウンロードします。
  • ダウンロードしたjarファイルをFilzaで開き、Filzaにコピーします。
  • デフォルトでは「/var/mobile/Documentes」にコピーされるはずです。

一度実行&eula.textの編集

  • ターミナルを開きます。
  • cdコマンドで作業ディレクトリをjarファイルのあるところに移動します。
  • cd /var/mobile/Documents
  • 初回のコマンド実行を行います。
  • ここでは1度失敗します。

    java -Xmx1024M -Xms1024M -jar server.jar nogui
  • /var/mobile/Documents」にeula.textというファイルができているはずなので、Filza File Managerで開きます。
  • 「eula=false」の部分を「eula=true」にします。

サーバーを立てる

  • 作業ディレクトリを移動
  • cd /var/mobile/Documents
  • サーバを立ち上げ
  • java -Xmx1024M -Xms1024M -jar server.jar nogui

    Doneと表示されればサーバーが立ち上がったことになります。

サーバーに入る方法

  • サーバーを立てたiPhone側の「設定.app>WiFi」を開いて、接続しているWiFiのⓘマークをタップして、IPアドレスをメモして覚えておく
  • Minecraft(Java)を開いて、マルチプレイから新しいサーバーを追加
  • 左下の編集ボタンからサーバーアドレスを先ほどメモしたIPアドレスを入力して戻る
  • 作成したサーバーを選択して、左下のサーバーに接続を選択
  • サーバーを閉じる

    Ctrl(Control)を押して、Cを押すことで、サーバーを閉じることができます。

    問題

    メモリ不足

    コマンド実行時に、サーバーのメモリ割当量を渡しているのですが、iPhoneはメモリーが少ないため、限られたことしかできません。
    なのでできるだけサーバーに接続する際には、ビデオ設定などを軽くして楽しんでみてください!

    コメント

    1. あっくんさん より:

      .zshrcがない…

    2. たけのこの里 より:

      ポート開放が出来ないのでローカルからしか入れない…..

    タイトルとURLをコピーしました