FutureRestoreに必要なファイルを用意する方法 ベースバンドファイル,SEPファイルなど

脱獄

FutureRestoreに必要なファイルを探すのってわかりずらいですよね
なので出来るだけ、簡単にできる方法を紹介していきます。

この方法はTools 4 Hackさんの記事を参考に、自分なりに解釈して用意する方法を考えたので、間違っている可能性があります。
かなり、方法があいまいです。もっと確実な方法がある気がしますが、わかりませんでした…

スポンサーリンク

Example

iOS 11.3.1からiOS 12.1.2にFutureRestoreを使って復元
これには下記のファイルが必要です。

  1. iOS 12.1.2のshsh2ファイル
  2. iOS 12.1.2のipswファイル
  3. SHSHが発行されているバージョンのBuildManifest.plist
  4. SHSHが発行されているバージョンのべースバンドファイル
  5. SHSHが発行されているバージョンのSEPファイル

これらを用意する方法を紹介していきます。

フォルダ作成

これから用意するファイルを入れておくフォルダを作成しておき、わかりやすくします。
Restoreというの名前のフォルダーということで進めていきます。

SHSH2

TSSCheckerなどで保存したSHSH2ファイルをRestoreフォルダにコピー
TSS Saverで保存した場合は、noapnonceフォルダのSHSH2ファイルを選択(どれでもよい


スポンサーリンク

ダウンロード

  1. ダウングレード、アップグレードしたいバージョンのipswファイルをダウンロード
  2. ダウンロードしたipswファイルをRestoreファルダにコピー
  3. SHSHが発行されているipswファイルをダウンロード
  4. ipswファイルはipsw.meからダウンロードできます。

  5. デバイスにAX-CPUをダウンロード

ファイル事前準備

  1. ダウンロードしたSHSHが発行されているほうのipswファイルの名前の末尾を.ipswから.zipに変更
  2. 変更した後zipファイルを解凍、展開

BuildManifest.plist

  1. 解凍、展開されたフォルダを開き、既に見えるBuildManifest.plistがFutureRestoreで使用するファイルです。
  2. 見つけたBuildManifest.plistをRestoreフォルダーにコピー


スポンサーリンク

デバイスの情報

ここからデバイスの情報が必要なので、ダウンロードしたAX-CPUを開き
Modelをメモしておいてください。
例)D22AP

べースバンドファイル

先ほど見つけられたBuildManifest.plistをテキストエディターソフト(Atomなど)で開く
文字列を検索するためにcommand+F(Mac) CTRL+F(Windows)のショートカットキーで検索バーを開き、メモしたModelを検索すると

‹key›DeviceClass‹/key›
    ‹string›Model‹/string›
‹key›FDRSupport‹/key›

こんな感じのが出てきます。一番上の行を選択してください。

例)

‹key›DeviceClass‹/key›
    ‹string›d22ap‹/string›
‹key›FDRSupport‹/key›

そこから下にスクロールすると

‹dict›
    ‹key>Path‹/key›
    ‹string›Firmware/xxx-y.y.y.Release.bbfw‹/string›
‹/dict›

という文字列が見つかるかと思います。
例)Firmware/Mav17-3.31.00.Release.bbfw
それをメモし、解凍、展開されたフォルダからFirmware/xxx-y.y.y.Release.bbfwをRestoreフォルダーにコピー

スポンサーリンク

SEPファイル

  1. メモしたModelの末尾のAPを抜いたAP抜きModelをメモ
  2. 例)D22APだったらD22

  3. sep-firmware.xxx.RELEASE.im4pという名前のファイルが必要で、xxxにはメモしたAP抜きModelが入ります。
  4. 例)sep-firmware.d22.RELEASE.im4p

  5. 解凍、展開されたフォルダからFirmware/all-flash/sep-firmware.xxx.RELEASE.im4pをRestoreフォルダにコピー
  6. 例)Firmware/all-flash/sep-firmware.d22.RELEASE.im4p

確認

これで5つのファイル

  1. iOS 12.1.2のshsh2ファイル
  2. 例)5137580698440998_iPhone9,1_d10ap_12.1.2-16C104_e576d9c02e4c69e9b8ef829e9144789fe652c8ba17e6e6a2e9c861430a6557ff.shsh2

  3. iOS 12.1.2のipswファイル
  4. 例)iPhone_4.7_P3_12.1.2_16C104_Restore.ipsw

  5. SHSHが発行されているバージョンのBuildManifest.plist
  6. 例)BuildManifest.plist

  7. SHSHが発行されているバージョンのべースバンドファイル
  8. 例)Mav16-5.30.00.Release.bbfw

  9. SHSHが発行されているバージョンのSEPファイル
  10. 例)sep-firmware.d10.RELEASE.im4p

がそろったかと思います。

スポンサーリンク

実行

普通のFutureRestoreを使用しても問題ないですが、Mac OS、Windows対応のGUI版もリリースされています
iRestore for Mac OS
iRestore for Windows

きょうの一言

おそらくこの方法であっているかと思います。
Santaさんがおそらく苦労してわかりすいリストを作っていたので、そちらを見れば済みますが、一応1から探す方法も必要かなと思い載せておきました。

コメント

  1. 記事だとnoapnonceならどれでもいいと言われてるけど、12.1.2にダウングレードする際のSHSH2ファイルは注意だね
    12.1.2は一度再リリースされてビルドナンバーが変わってるから用意した12.1.2のipswと一致するビルドナンバーのSHSH2を使わないとFutureRestoreでの作業時にerrorcode=-44吐かれる

  2. iPhone6でSHSHあるんですが12.1.1βから11.3.1には戻れない?復元は出来ないですよね?

    • A7/A8デバイスのみiOS 11.3以上とiOS 12.XのSEPの互換性があるらしいので可能かと思われます。

  3. SANTA氏に感謝
    そしてzunda氏に感謝

    • 👍

  4. 質問なんですが、latest sep、latest basebandが使える状況と
    記事にして頂いたように指定する状況の違いって何ですか?
    これまでlatest〜を使ったfuturerestoreでの復元しかした事がなくて、今回も12.1.2→12.1.2をlatest〜で成功しているので、違いは何なのかと思いまして。。。
    よければ教えていただければ嬉しいです!

    • latestオプションは自動で最新版のiOSバージョンのベースバンドファイル、SEPファイルなどを集めてくれるものです。
      ただ、最新のiOSと復元したいiOSにSEPの互換性がないときは、正常に復元できないので、使用する際にはSEPの互換性を確かめてから行ったほうがいいという物です。

      • お返事ありがとうございます!
        大変勉強になります。
        iOS 11.3.1と現時点で最新のiOS 12.1.4にSEPの互換性がないので指定しないといけないという事でしょうか?

  5. こうゆう解説ヒジョーに助かるっ!

    • 👍