checkra1n for LinuxのためにLinux(Ubuntu)を起動できるUSBディスクを作成しておく

非脱獄

checkra1n for Linux

BootROM Exploitを採用した脱獄ツール「checkra1n」が年内に出るかもしれない。出ないとしてもかなり近日中に出るはずなのでそろそろLinuxの準備をしておくといいかもというお話です。

Linuxの中でも今回は、「UbuntuのUSB起動ディスク」を作成しています。
方法は、Ubuntu公式のやり方に沿った方法で進めていきます。

まえがき

この記事は、checkra1nを実行したいけどmacOS/Linux環境がなく、Windows環境がある人用です。

PC本体(SSD, HDDなど)にインストールはされません。

今回の方法では再起動されるとUbuntu内のユーザーデータは削除されるので、checkra1nを実行のたびにcheckra1nのダウンロードが必要です。

USB作成

用意するもの

  • Windows PC
  • USBディスク (最低4GB)

今回使用したのはSanDiskさんのUSBメモリです。

ダウンロード

下の2個をダウンロードしておいてください。

ファイルの実行

  1. ダウンロードした「Rufus」を開く
  2. デバイス」に「USBディスク」を選択(違うディスクを選択しないように)
  3. 左の「選択」からダウンロードした「Ubuntu isoファイル」を選択
  4. スタート」を選択
  5. 「ISO イメージモードで書き込む(推奨)」のまま「OK」を選択
  6. 警告が出るが「OK」を選択
  7. 実行されるので待つ
  8. 終わったら「閉じる」を選択して終了

Ubuntuの起動

  1. PCを再起動
  2. F11(マザーボードによる)」を連打して「起動ディスクメニュー」を開く
  3. 作成したUSBを選択
  4. Try Ubuntu without installing」を選択
  5. 起動するまで待つ
  6. デスクトップが表示されたら完了!!お疲れ様です。

リリースされたら

checkra1n for Linuxがリリースされたら標準搭載のFireFoxからcheckrainをダウンロードして実行していただく形になります。

きょうの一言

checkra1n for Linux楽しみですね~

2019年内に来ますかね~時差の関係もあるので2020 1/1の可能性もありますね~

コメント

  1. “IOS”イメージーモード ❌
    “ISO”イメージーモード ⭕️

    おそらくいつもの癖かな🤔

    • 完全に癖で書いちゃってますね…
      修正しておきました。

  2. うーむ
    Checkra1n on Linux nearing release
    とか盛り上がってるけど
    いっこうにリリースされない気配がするのは僕だけ?

  3. Linuxサッパリ分からんから教えてほしいんだけど、この方法でubuntu入れて、ra1nstorm.run実行する方法するっていう方法じゃダメなの?

    • 結局あれは、LinuxでmacOS動かせるようにしているだけであって、Linuxでcheckra1nを動かしているわけではない。確か

      あれだと結構制限が多かったり、容量が必要。
      知らんけど
      まぁ試してみたらいい

  4. USBメモリ会社にわすれた。

    • 仕事が始まるのが早いか、Linux版のリリースが早いか…

      もしくはWubiというものがあるらしいので、それを試すか…

  5. テストブートで実行できたらいいよねぇ

  6. LinuxはMacともWindowsとも違う操作性だからセットアップが大変そう。MacはWindowsでも確か仮想環境でBoot経由でなくても起動出来たはず。

  7. 準備しとくかー

タイトルとURLをコピーしました