rootlessJBとunc0verを使ってルートディレクトリに書き込めるようになったので root,mobileのパスワードを変更してみた

脱獄
unc0ver

unc0ver v3.3.0~b22が公開テストとしてリリースされました。

スポンサーリンク

b22 アップデート内容

  1. iOS 12~iOS 12.1.2全デバイスで再マウントを実行可能
  2. iOS 12~iOS 12.1.2全デバイスでunc0ver独自の署名の取り消し対策を実行可能

試してみる

今までiOS 12での再マウントの手法がなかったためrootlessJB3で脱獄していても、しておくとよいと言われているroot,mobileのパスワードを変更ができませんでした。
しかしunc0verが再マウント(スナップショットの名前変更)に対応したためroot,mobileのパスワードを変更することが可能になりました。

やること

最近の脱獄では、初回脱獄には2回アプリの起動が必要でした。
1回目.スナップショットの名前変更
2回目.ファイルのインストールなど
そして今回、1回目のみunc0verが対応しました。そして2回目以降はrootlessJB3ができるのでその方法を試してみました。
1回目.unc0verでスナップショットの名前変更
2回目.rootlessJB3で脱獄
再マウントが行われた脱獄環境が完成したため、root,mobileのパスワードの変更を行えるように

やってみた

無事iPhone 7,iOS 12.1.2のrootとmobileのパスワードの変更に成功しました。


きょうの一言

rootlessJB3を使う懸念点の一つとしてroot,mobileのパスワードを変更できないのに、SSH接続がデフォルトでオンになっていることでしたが、これを解消できたので使う人も増えるのかな?といった印象です。

余談

iOS 12再マウント手法リリース前にrootlessJB3を使うにあたって”絶対”にroot,mobileのパスワードを変更が必要なのかというのがTwitterで開発者の間で話題になりました。
実際ここ数年、実際にパスワードを変更しないことで、ハッキングを受けるという報告はredditには上がってこない
そもそも脱獄というものをしている人が少なくなっている
されてもkillall SpringBoard(リスプリング)だろうというジョークなども

個人的な見解

ほとんど脱獄をする際のマナー程度になっている気がしますが、本当にハッキングされたらたいていの人は気づけないのでとりあえずマナーを守って心を落ち着かせましょう(p_-)

コメント

  1. iPhone X (12.1.2)でrootlessJB3の実行後、リスプリングされFilzaも正常にインストールされていたのですが、起動後すぐに落ちてしまい起動できません。
    同様の症状の方、若しくは解決策をご存知の方が居られませんか?

    • そんなことも直さないなら 12.1.3で復元だな。

      • アドバイスありがとうございました。

        いろいろな方からのアドバイスなどを頂き試してみたのですが、なかなか上手くいかず放置していました。
        rootlessJB 3.2でFilzaなどがクラッシュするバグを開発者の方が修正してくれたようで正常に起動しました。

    • 1.Filza File Managerを開き
      2.iSuperSUを開き
      3.Filzaを選択して
      4.All in oneを選択
      この操作で開けるようになるかもしれません。

      • 返信ありがとうございます。
        教えていただいた対処法を何度か試してみたのですが、正常に起動されませんでした…

        FilzaEscapedは正常に利用できるので、脱獄ツールがリリースされるまではFilzaEscapedで我慢しようと思います。

        ありがとうございます m(_ _)m

タイトルとURLをコピーしました