【Hackintosh】OpenCoreを使ってmacOS Big Surインストールの夢を見る方法【自作PC】

Hackintosh
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Hackintosh

今回は、macOS Big SurOpenCoreを使ってHackintoshする方法をご紹介していきます。
基本的には、自作PCを想定していますが、うまくやればノートPCなどでも可能です。

Hackintoshとは?

HackintoshとはAppleから発売されているMac以外のPCにmacOSをインストールして使えるようにするというものです。
なので自作PCやノートパソコンなどでmacOSを使えるという事です。

OpenCore

今回Hackintoshするにあたり、使用するツールは「OpenCore」というものです。
OpenCoreとはmacOS、Windows、LinuxなどをUEFI/BIOSを使って起動できるブートローダです。
主に自作PCなどにmacOSを載せるHackintoshといったものに使われます。
1つのPCでいくつかのOSを起動できる環境を構築することが可能になります。
公式のインストール解説もあります。
OpenCore Install Guide
Current supported version 0.6.3

acidanthera/OpenCorePkg
OpenCore bootloader. Contribute to acidanthera/OpenCorePkg development by creating an account on GitHub.

違法性

Hackintoshといってもバニラの方法と、そうでない方法があります。
バニラでは、OSに手を加えていないというものです。
それを踏まえて違法なのかについて話していきます。
結論としては、Appleの規約違反ではあるがバニラであれば、法的には違法ではないかなと思います。
これは、いろいろ調べただけであり自分なりに結論づけたものであり、確定の情報ではありません。

今回紹介するのはバニラの方法なので、規約違反ではありますが、違法でないと思います。

注意事項

今回ご紹介する方法は、いろいろなHackintoshをする方法がある中の一つです。
全ての環境でうまくいくものではありません。
ミスをすると、他のディスクを壊す可能性があるため必要のないディスクは外しておいたほうがいいと思います。

PC環境

OpenCoreではCPUにはかなり自由がきき、IntelだけでなくRyzenのCPUでも動作可能です。
GPUはmacOS High Sierra以降では基本的にはRadeon GPUを使用するのが普通です。
執筆時点ではRadeon RX 580が最適のようです。(Boot macOSより)
OpenCore公式:ハードウェアの解説

自分の環境

Intel CPU Core-i7 8700


ASRock Radeon RX590

ASRock Intel Z370 Extreme4

CORSAIR DDR4-2666MHz

Crucial SSD M.2 1000GB P1シリーズ Type2280

準備するもの

macOSが載っている実機

8GB以上のUSBメモリ

インストーラー用のUSBメモリです。
自分が使用したものは、Kingston USBメモリ 32GBです。

SSD

macOSを入れる用のSSDです。
HDDでも問題はないです。
自分が使用したものは、Crucial SSD M.2 1000GB P1シリーズです。

スポンサーリンク

ダウンロード

OC Gen-X

OC Gen-XはOpenCoreのconfig.plistの設定、Kextのダウンロードなどを自動でやってくれるツールです。
OC Gen-X GitHubからOC.Gen-X.app.zipをダウンロードして展開してからアプリケーションフォルダーに移動

GenSMBIOS

GenSMBIOSはシリアルナンバーの生成に使用します。
以下のコマンドでGitHubのGenSMBIOSをダウンロードします。

cd Desktop
git clone https://github.com/corpnewt/GenSMBIOS

Clover Configurator

Clover ConfiguratorはUBSメモリーのマウント用に使います。

Download Clover Configurator mackia100 projectsからClover Configuratorをダウンロードしてアプリケーションフォルダーに移動

macOS Big Sur

USBインストーラーの作成(実機操作)

USBメモリのフォーマット

  1. ディスクユーティリティを開く
  2. すべてのデバイスを表示に変更
  3. USBメモリを選択して消去を選択
  4. 以下のように設定して消去を選択
    • 名前:USB
    • フォーマット:Mac OS拡張 (ジャーナリング)
    • 方式:GUIDパーミッションマップ

  5. 終了したら完了を選択

USBメモリにmacOSをコピー

  1. ターミナルを開く
  2. 以下のコマンドでUSBにmacOSをコピー
  3. sudo /Applications/Install\ macOS\ Big\ Sur.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/USB
  4. パスワード入力してEnter
  5. yを入力してEnter
  6. 終わるまで待つ(結構長い)
  7. Install media now available at “/Volumes/Install macOS Big Sur”と出たら完了

EFIディレクトリの作成

ここからはOC Gen-Xを使ってOpenCoreに必要なEFIディレクトリを作っていきます。

CPU Typeの選択

System TypeにはCPU Typeを選択します。Intel CPU Core-i7 8700はCoffee LakeなのでCoffee Lakeを選択

Kextの選択

以下のKextにチェックマークを入れる

  • Lilu(必須)
  • VirtualSMC(必須)
  • AppleALC(オーディオ系)
  • intelMausi(LAN系)(マザーボードのLANに合うものを選択)
  • USBInjectAll(USB系)

Firmware Driverの選択

Firmware Driverはデフォルトのままで大丈夫です。(OpenRuntime.efi、HfsPlus.efi)

まだここでは「Geerate EFI」は押さないでください。

SMBIOSの調整

ここでは作成するHackintoshのモデルとシリアルナンバーを決めていきます。

  1. デスクトップにダウンロードしたGenSMBIOSディレクトリーを開いてGenSMBIOS.commandを開きます。開くとテーミナルが開かれます。
  2. Generate SMBIOSの3を入力
  3. 組みたいMacのモデル名を入力(例:iMac19,1)
  4. 生成された3つ文字列をOC Gen-XのSMBIOSに入力していく
  5. Additional BootArgs
  6. Additional BootArgsではブートパラメータを指定できますが、とくにしません。
    「-v」をつけておくとログが見れるので、Hackintosh環境が安定するまでは入れておいた方がいいと思います。

  7. Generate EFI
  8. 最後に下のGenerate EFIを選択するとデスクトップにEFIディレクトリが生成されます。

EFIディレクトリーのコピー

  1. Clover Configuratorを開く
  2. Mount EFIを選択して下のEFI Partitionsの中からUSBを探してMount Partitionを選択
  3. パスワードを求められたらパスワードを入力
  4. 完了したらOpen Partitionを選択してディレクトリを開く
  5. デスクトップにあるEFIディレクトリをOpen Partitionで開いたディレクトリにコピー
スポンサーリンク

macOSインストール(自作PC操作)

BIOS/UEFIの設定

BIOS/UEFI画面を開いて以下のように設定する
この設定はマザーボードによって変えなきゃいけない場所、名称も異なるため一例です。
「Hackntosh PC名 BIOS」「Hackintosh マザーボード名 BIOS」などで調べると過去の例が上がっていたりします。

Load XMP SettingXMP 2.0 Profile 1
Intel Virtualization TechnologyEnabled
Vt-dDisabled
IOAPIC 24-119 EntriesEnabled
Sata Mode SelectionAHCI
Serial PortDisabled
Legacy USB SupportEnabled
PS/2 SimulatorDisabled
XHCI Hand-offEnabled
Secure BootDisabled
Fast BootDisabled
Boot From Onboard LANDisabled

インストーラーの起動

BIOSにて起動ディスクをUSBメモリーに設定します。
そして再起動するとOpenCoreが起動されます。
「Install macOS Big Sur」を選択してインストーラーを起動します。ここでログがたくさん流れますが気にしなくて大丈夫です。固まる場合も何も触らないですすめてください。この工程では10分程度でインストーラーの画面が起動します。

SSDのフォーマット

インストーラーが起動したらmacOSをインストールするSSDをフォーマットしていきます。

  1. ディスクユーティリティを開く
  2. 「表示」から「すべてのデバイスを表示」を選択
  3. SSDを選択して消去を選択
  4. 以下のように設定して消去を選択
    • 名前:OpenCore
    • フォーマット:APFS
    • 方式:GUIDパーミッションマップ
  5. 終了したらディスクユーティリティを閉じる

macOSインストール①

  1. macOS Big Surインストールを選択
  2. 続けるを選択
  3. 続けるを選択
  4. ディスクを選択してインストールを選択
  5. インストールが完了するまで待つと、自動的に再起動されます。

macOSインストール②

  • 再起動後再びOpenCoreが起動されるので「macOS Installer」を選択
  • うまく進んだら、住んでいる地域/ユーザー名などを設定
  • そのまま指示に従って設定を進めていく
  • 起動の確認

    macOS Big Surが起動したらここまでは成功です。
    USBメモリさえあればOpenCoreを起動してmacOSが起動できるところまで来ました。
    次はUSBメモリなしでmacOSを起動できるようにしていきます。

    SSDにEFIディレクトリをコピー

    macOS Big Sur側にClover ConfiguratorをインストールしてSSDとUSBメモリーをMountしてどちらのディレクトリーも開きます。
    そしてUSBメモリー側のEFIディレクトリーをSSDにコピーします。

    動作確認

    USBメモリーを抜いて起動ディスクをSSDに変更して起動
    OpenCoreが自動起動され、OpenCoreを選択してmacOSが開ければ成功です!!

    きょうの一言

    この方法で上手く行く人は少ないと思いますがHackintoshはそんなものです。大きな要因はconfig.plistなので、そこを見直してみましょう。

    【OpenCore Sanity Checker】OpenCoreのconfig.plistチェックツール

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました