【ビルド編】Theosの使い方

脱獄
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Theos

Theosとは脱獄ソフトウェア開発のツールで、Tweakの開発Tweakのビルドをすることができます。
Mac/ iOS/ Linux/ Windows(Cygwin)に対応しています。

Theosの使い方【準備編】

ビルド

準備編の記事でファイルの準備はできました。次はそれらのファイルをビルドして、1つのファイル(debファイル)にしていきます。

ビルドとは、プログラミングで一般的に言われているコンパイルとほぼ同じです。ビルドする中でコンパイルが行われています。

ファイルの種類

Tweakの形態によってもファイルの種類は異なるのですが、デフォルトの4つのファイルを解説しておきます。

ファイル名説明内容
controlパッケージ(Tweak)の表面的な情報が書かれているパッケージ名、開発者名、バージョン
Makefileビルドに関する情報が書かれているARCHS = arm64 arm64e
Tweak名.plist動作させたいアプリのBundle IDが書かれているcom.apple.springboard
Tweak.xTweakの動作がプログラミング言語(Objective-C)で書かれている

ビルドしてみる

とりあえず4つのファイルになにも編集を加えなくてもビルドしてみることはできるので、ビルドしてTheosがちゃんと動作するか確かめてみましょう。
Tweakのあるディレクトリーに作業ディレクトリを移動します。

cd Desktop/changesound

そのあとmakeというコマンドで仮ビルドをしてみます。

make

ここでエラーがでなければ、以下のコマンドでビルドして、debファイルを作っていきます。

make package

ビルドがうまくいくとTweakのディレクトリーにpackagesというディレクトリができその中にdebファイルができあがっているはずです。
これをiPhoneなどでインストールするとTweakとして動作してくれます。(今回はTweak.xを編集していないため動作はしません)

終わり

とりあえずこれでTweakの開発はできるようになりました。
あとは、4つのファイルの書き方を勉強していけば、作りたいTweakが作れるようになります。
次のステップの記事は執筆中です…

コメント

  1. 匿名 より:

    次回の記事楽しみにしてます!
    簡単な tweak の tutorial とか書いてくれるとすごく嬉しいです

  2. マンドリル より:

    zundaさん、最後誤字ってますよw

タイトルとURLをコピーしました