rootlessJB3の特徴、メリット、デメリット

脱獄
特徴
  • 対応デバイス
  • A7~A11
    iPhone 5s,iPhone6は対応していない
    A12対応予定

  • 対応バージョン
  • iOS 12.0~iOS 12.1.2

  • voucher_swapを使用
  • jelbrekLibを使用
  • amfidのパッチなし
  • 再マウントなしでTweaksの動作が可能
  • 再マウントなしでの脱獄の作り方の解説

  • SSH接続可能
  • セーフモードあり
  • デフォルトインストーラーなし

メリット、デメリット

Electraやunc0verと比べてのメリットデメリットを紹介していきます。

メリット

  1. 日本の脱獄対策としてよく使われるCrackProofに引っかからない
  2. 他にも脱獄対策をとっている場合引っかかる場合あり

デメリット

  1. デフォルトインストーラーがない
  2. 実際に使用している人が少ないため、情報がすくない
  3. Tweaksの開発がElectraやunc0ver基準で作られることが多いためrootlessJBのみ対応していないこともある

よくある疑問点

To.pangaで、脱獄した際にElectraを使用できなかったので、rootlessJB3もそうなってしまうのか?
rootlessJB3で脱獄していてもElectraは使用可能とのこと

脱獄対策アプリ

rootlessJBの仕様上脱獄関連ファイルをすべて/varいかに収めているので、日本のアプリによく採用されているCrackProofに引っかかりません。
しかしNintendo Switch Onlineは動作しますが、Pokémon GOは動作しないので、アプリ側で対策は可能ということです。

さらなる希望

rootlessJBの開発者Jake James氏いわく10行程度のコードで/var以下のファイルを隠すことができるそうです。
これでPokémon GOが確実に動作するかは不明
これに関しては未実装

きょうの一言

脱獄をしていてもCrackProofを採用しているアプリをつかいたい、使用したいTweaksがrootlessJB3に対応している人などは、rootlessJB3を試してみるのもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました