【iOS/iPadOS】Theosの構築方法

Develop
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Theos

Theosとは脱獄ソフトウェア開発のツールで、Tweakの開発Tweakのビルドをすることができます。
Mac/ iOS/ Linux/ Windows(Cygwin)に対応しています。
theos/theos
A cross-platform suite of tools for building and deploying software for iOS and other platforms. - theos/theos

構築方法

今回はiOS/iPadOS向けの構築方法をご紹介していきます。

必要なもの

  • ターミナルアプリ(NewTermなど)
  • Filza File Manager

Theos Installer のインストール

Theos Installer 2というTheosを簡単に構築できるものがあるので、そちらをインストールしていきます。
Jakes Cydia Repoというリポジトリから配布されています。

Theosの構築

  1. ターミナルアプリ(NewTerm)を開きます。
  2. rootにログインします。パスコードを求められます。デフォルトは「alpine」です。
  3. su
  4. 「theosinstaller SDK_VERSION」の形でTheosをインストールしてきます。執筆時点ではSDKのバージョンは12.4と13.1に対応しています。
  5. theosinstaller 13.1
  6. インストールされるまで時間がかかるので、待ちます。
  7. 「Done :)」と出たらインストール完了です。

SDKの追加

すでにiOS 13.1のSDKがあるので、SDKは触らなくてもいいのですが、追加したい場合は/var/theos/sdksにSDKをコピーしてください。

SDKは、iOSのバージョンが上がった際に、あらたなSDKがリリースされるので、新たなSDKがリリースされた際には、個別にダウンロードして/var/theos/sdksにコピーしてください。
今回ダウンロードするSDKはGitHubのxybp888/iOS-SDKsを使用します。iOS 13.6までのSDKがあります。
iOS 13.2のSDKでビルドしてもiOS 13.6で動くものがほとんどなので、気にしなくていい場面も多いです。

以下コマンドでSDKの追加ができます。

su
rm -rf /var/theos/sdks
git clone --recursive https://github.com/xybp888/iOS-SDKs.git /var/theos/sdks

Theosでのビルド方法

Theosのインストールはこれで完了しました、次はTheosの使い方【準備編】を見ていくといいでしょう
現在執筆中です…

コメント

タイトルとURLをコピーしました