IOS 13脱獄ツール「Chimera13」の開発が再開 現在の進捗について

脱獄
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Chimere13

Chimera13とは以前中止になったiOS 13対応版の脱獄ツールで、Chimeraの後継です。
Chimera13という名前は仮の名前で、リリース時には別の名前になる予定です。

再開

なぜ再開されたのというと脱獄界で活躍していたs0uthwes氏が白血病で亡くなってしまい、そこでCoolStar氏がs0uthewes氏が楽しみにしていたChimera13が実際に使用されるかに関係なく、オープンソースで開発を再開するという流れになっています。


Chimera13の特徴

  • オープンソースである
  • 大部分がSwiftで書かれている
  • iOS 13.0 ~ iOS 13.3をサポート
  • A9~A13デバイスをサポート
  • A12/A13デバイスのCoreTrust bypassをないため、一部のTweak,デーモン、コマンドが使えないようです。
  • ほとんどのTweakは動作するようです。

スポンサーリンク

現在の進捗

現在はUIの開発を行っているようです。
この開発が終わればリリースが可能のようで、リリース間近のようです。

libhooker

現在はlibhookerは脱獄作業にのみ使われTweak部分には使われておらず、Substituteとのhybridという形をとっていますが、Chimera13ではSubstrate、Substiuteなしで完全にlibhookerのみになるようです。
このlibhookerは今のところChimera13、Chimera1n環境のみで用意される予定です。

Anemone 3

CoolStar氏が開発しているテーマエンジン「Anemone 3」ですが、こちらもすでにiOS 13への対応が完了しているようです。
このAnemone 3は完全版libhookerでのみ動作するようです。

コメント

  1. まぐろ🍣 より:

    脱獄は自己責任…

タイトルとURLをコピーしました