「OTGストレージ」の10分制限を解除してAndroidをバッテリー化する【OnePlus】

Android
スポンサーリンク
スポンサーリンク

10分制限

なぜかOnePlusシリーズのAndoridでは、「OTAストレージ」が10分間操作がなかった場合に自動的にオフになってしまいます。
ほかのAndroidではそういったことはないようです。

解除したい

解除したい理由としては、このデバイスをバッテリー化してほかのデバイスを充電したいというものです。
今のままでは10分しか充電されません。

効果

常に「OTAストレージ」がオンになっている状態になり、いつほかのデバイスを接続しても充電が開始されるようになります。
スポンサーリンク

解除方法

ダウンロード

ADB(Android Debug Bridge)を使用するためにAndroid SDK Platform-Toolsが必要なので、以下からPCにあったものをダウンロードして解凍だけしておく
SDK Platform Tools release notes  |  Android Developers
Android SDK Platform-Tools is a component for the Android SDK.

OTAストレージをオンに

「設定アプリ>システム」内の「OTAストレージ」をオンに

解除実行

  1. コマンドプロンプトを開く(Macならターミナル)
  2. 作業ディレクトリをダウンロードしたAndroid SDK Platform-Toolsのディレクトリ内のplatform-toolsディレクトリに移動
  3. cd %USERPROFILE%/Downloads/<ここにダウンロードしたAndroid SDK Platform-Toolsのフォルダー名>/platform-tools

    例)cd %USERPROFILE%/Downloads/platform-tools_r30.0.1-windows/platform-tools

  4. 以下コマンドで制限を解除
  5. adb shell settings put global oneplus_otg_auto_disable 0

解除の確認

以下コマンドで0と出力されれば解除が完了しています。

adb shell settings get global oneplus_otg_auto_disable

参考記事

コメント

  1. 🍓 より:

    5Tいいなぁ!!私も8TPro買おうかと思ったら不具合多発中らしくて苗床ですw

  2. 匿名 より:

    そもそも機種はOnePlusの何を選んだんですかー??

タイトルとURLをコピーしました