範囲指定スクリーンショット&メモとして画面に貼り付け【Snapper 2】

Tweaks
詳細情報

作者Jonathan Winger-lang
対応versioniOS 12 ~ iOS 5
価格$ 3.00
Cydia Storeで購入済みの場合は、ギフトとして送られ、Packixで購入済みとなっているはずです。
リポジトリPackix (https://repo.packix.com)


Add Cydia’s Repo

スポンサーリンク

インストール

Snapper 2と検索してインストール

仕様

Activatorの動作、従来のスクリーンショットの動作でSnapper特有のスクリーンショットを撮ることが可能です。
範囲指定スクリーンショット
とったスクリーンショットをメモとして画面に止まらせておくことができ、メモを見ながらアプリの操作が可能
履歴機能から過去に取ったSnapperスクリーンショットを再度画面に貼ることも可能です。


[mobile-only]




[/mobile-only]
[pc-only]




[/pc-only]

使い方

指定した動作でSnapper 2スクリーンショットを起動
フリーに範囲を指定
ダブルタップで確定、トリプルタップで枠線を非表示、長押しでキャンセル

スクリーンショットには、NormalモードとInstantモードがあり、Instantモードでは、範囲を指定してすぐに画面にメモとして残ります。

メモとしておく場合はそのままか、置きたい場所にドラッグ
写真に保存する場合は、写真アイコンにドラッグ
捨てる場合は❌印にドラッグ
共有する場合は…にドラッグ


[mobile-only]




[/mobile-only]
[pc-only]




[/pc-only]

設定方法

  • Activation Methods
  • Activatorからの動作を設定

    • Home + Power =
    • ホームボタン+パワーボタン(通常のスクリーンショット動作)の動作を設定

    • Normal mode
    • 通常のSnapperのスクリーンショットの起動方法

    • Instant mode
    • 軽いSnapperのスクリーンショットの起動方法

    • Close all
    • Snapperメモをすべて閉じる方法

    • Open History
    • Snapperメモの履歴を開く方法

    • Open last snap
    • 最後に取ったSnapperメモを開く方法

  • Appearance
    • Enable animations
    • Snapperスクリーンショット時にアニメーションを付加

    • Cropping guidelines
    • ガイドラインを表示

    • Style
    • スタイルを変更

    • Color
    • 色を変更

    • Rounded corners
    • 角を丸く

    • Shadow
    • 影を表示

    • Tutorial messages
    • 動作の説明を表示

  • Behaviour
    • Keep old snaps on screen
    • Snapperスクリーンショットを取る際に過去のSnapperメモを表示

    • Keep crop area
    • 最初から枠を表示

    • Snaps to edges
    • 枠の斜め移動のしやすさを変更

    • Copy to clipboard
    • 取ったSnapperメモをクリップボードに保存(メモアプリなどでペースト可能

  • History
    • Open History
    • Snapperメモ履歴を開く

    • Save limit
    • 最大履歴数を変更

今日のひとこと

昔から人気のTweaksでありましたが、Cydia Storeの閉鎖により新規購入ができず、iOS 12にも対応していなかったため他リポジトリでの再配布の期待が高まっていましたが、ついにiOS 12に対応してPackixにて再配布されましたね。

コメント

  1. これってラインとかの長いやりとりのスクショはできますか?それも画面内の範囲だけ?

    • 表示されている画面内のみとなります。
      そういった画面外もスクリーンショットを撮れるのはBigShotJb (iOS 11)となります。

      • Bigshotは不安定過ぎて、自分的には使えませんでした。範囲も指定できなくて、本来撮りたい箇所が別の箇所を撮ったり… 🙁

    • ラインはライン自体でキャプチャって機能があるのでそれ使ってみたらどうでしょう?

タイトルとURLをコピーしました